ピックアップ

フィジオコントロールジャパン株式会社は、国内初となるクラウドシステムの導入により離れた場所からでもAEDの状態や付属消耗品(バッテリや電極パッド)の有効期限をパソコン上で一元管理できるAED 「ライフパックCR2」を2018年4月より販売開始している。AEDを使用した救命中にはリアルタイムで心電図解析波形を遠隔で共有することで二次救命処置へのスムーズな連携をサポートする。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

アコマ医科工業株式会社は挿管からマスク、院内搬送まで様々な環境下で使用できる人工呼吸器ART-300を2017年11月から販売開始している。9種類の換気モードを標準搭載する本機は、タービンブロア駆動を採用することにより空気配管を必要とせず、本体重量約10kgと搬送性に優れる。抜管後のハイフローセラピーも一台でこなすコンパクトハイエンドモデルに仕上がった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

ニプロが2017年から販売開始している透析液供給装置 NCS-Wと、粉末自動溶解装置NPS-AW/BWをご紹介する。透析医療の根幹を支える透析液供給システムとして先進の「安心・安全」を実現するため、スマートかつ洗練されたデザインの中には多くの優れた機能を搭載している。移転を機にこの新しい透析液供給システムを導入した、大正くすのきクリニックからレポートする。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

帝人ファーマ株式会社は、心不全患者に使用するASVとして新しい装置となる「Air Curve TJ(エアカーブ・ティージェー)」を2018年3月より販売開始している。デザインが刷新され使いやすくなった本体は、遠隔による運転状況や設定情報の確認ができる3G通信機能を新たに搭載した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

ニプロは透析中に①実血流量、②再循環率、③アクセス流量、④心拍出量※1の項目を測定できる透析モニター、HD03を2017年11月より販売開始している。小型軽量化された本機は点滴スタンドに取り付けてベッドサイドまで持ち運び、簡単な手技でこれら4つの項目を測定が可能となる。付属のUSBメモリーを使えばパソコンにデータの保存することができ患者管理にも役立つ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

小型で搬送用にも利用可能な生体モニタ「Radical-7」と組み合わせることで機能を拡張できる多項目モニタ「Root」をご紹介する。非侵襲的モニタリングで信頼性の高いマシモジャパン株式会社が手がける独自の技術により、コンパクトでありながら救急や麻酔下、セデーション下など幅広い分野で活躍する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
アトムのネーザルハイフローであるステディーエアとフロージェネレーターの本体

通常の酸素療法と非侵襲的陽圧換気(NPPV)の間を繋ぐ役目として、確固たる治療戦略に位置付けられたネーザルハイフロー。アトムが提供しているステディーエアは、独自の加温・加湿技術により60L/minという高流量にも安定した加湿性能を発揮する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について