担当患者のバイタルイベントを院内どこにいても一目で把握ができれば・・そんなことがタブレットを使って実現可能となった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について