透析コンソール

GCAPの専用機となるアダモニターSCの本体

GCAP(顆粒球吸着療法)は透析用コンソールを代用して治療を行う場合が多いかもしれないが、コンパクトで省スペース、脱血量が極めて少ない専用機を使うという選択肢があってもいいかもしれない。株式会社JIMROは、GCAP専用コンソールの最新型となるアダモニター SCを2017年6月より販売開始している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について
透析用コンソールであるGC-X01の本体正面

株式会社JMSは新型の透析用コンソール・GC-X01を2017年の秋に販売開始予定だ。ハイブリッドHDF機能や逆濾過による停電時緊急返血機能など機能面も充実している。従来よりデザインが刷新され15インチの大型ディスプレイや、人間工学に基づいた本体デザインは医療従事者に快適な操作性を提供する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について