デバイス植込み患者数は、現在増加の一途をたどっている。それに伴うデバイス外来患者数の増加に対し、今回取材したJCHO大阪病院ではMedtronic社の遠隔モニタリング「ケアリンク」を導入することで、ペースメーカー外来時間を4時間から1時間半の短縮に成功した。

この記事ではJCHO大阪病院の取り組みとMedtronic社の遠隔モニタリングシステムについてご紹介する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について